「ミニバスケットボールクラブに入団!」
「小学校のクラブ活動でバスケ部!」

 

お子様がバスケットを始める時、
一番重要なのは、「バッシュ選び」といっても過言ではありません!!

 

ここでは
バッシュ選びのポイントと4つのメーカー比較
をおこないました!

 

ぜひご参考に!

どのバッシュを買うべきかお悩みの方
これを見たら解決!!

 

あなたのお子様にベストな一足を!!

 

 

●選ぶポイント

怪我をしないバッシュを選ぶ


どのスポーツもそうですが、バスケットもケガが多いスポーツです
中でもとても多い怪我は「捻挫」です

 

そのリスクをなるべく抑えるために、
最初のバッシュはハイカットのシューズをおすすめします!

 

お子様が大きくなって、
ガードなどのポジションを任せられた場合には
ローカットのバッシュは軽量で動きやすい優れたバッシュです

 

しかし、小学生の頃の怪我、
特に捻挫は癖になりやすいので、
ハイカットのバッシュで足首をしっかり守ってもらう
ことが大事です!

 

サイズ感・フィット感

 


足にしっかりあったバッシュを履くことは、
自身の能力を最大限発揮できるポイントです!

 

日本人初のNBAプレーヤー田伏雄太選手はバッシュを履くのに1時間かけるそうです!
それだけバッシュのフィット感を大事にしているのです

 

サイズ感・フィット感を確かめるには、実際に試し履きをしてみましょう!

・足の横幅は緩くもなく、きつくもなく
 丁度ぴったりなもの

・縦幅はつま先に1㎝程余裕をもつ


試着の際には下記を参考にしてみてください!

 

クッション性

小学生などの筋肉がまだまだ発達していない時に、
クッション性のないバッシュを履いてプレーをすると、
衝撃の逃げ場がなく、膝や腰などを怪我する恐れがあります

 

 

店頭でバッシュを選ぶときに、
母指球とかかとの部分を指でグッと押してみて、
沈む感覚があるものを選ぶといいでしょう

 

もしくは、別売りの中敷きなどを購入し、
試し履きの際に中敷きを交換してみるのもいいと思います

 

 

ここまではバッシュの選び方のポイントを
ご紹介してきましたが、

 

 

ここからは、
メーカー別の特徴について
みていきましょう!

 

 

 

●メーカー別の特徴

アシックス

日本人の足の形に合ったバッシュが多く、
クッション性はもちろん、グリップ力(止まりやすさ)も高く評価されているメーカーです

 

様々な種類がありますが、甲高のものや足幅の広いものもあるので、
日本人にはぴったりなバッシュでしょう!

また、ソールが柔らかいため、疲労感が少なく、
ケガがしにくいバッシュです!

 

 

 

代表的なものが

〇DUNKSHOT MB 9
・これからバスケットを始める
 子供専用に作られた一足!

足首周りもしっかりサポートされている構造!



〇GELHOOP V12
・まずめちゃめちゃ軽い!!

・そしてしっかりとしたグリップ力!!

ミズノ

こちらも日本のメーカーですね!

 

アシックスと同じく日本人の足に合わせたシューズを展開しています!

 

ミズノが推している機能は
「とにかく軽い」というのと「フィット感」
この2つ!!

 

 

そして何よりジュニアモデルが多いことも特徴!

 

ジュニアモデルを多く取り扱っているということは、
子供の足に合ったシューズづくりに長けているとも言えるでしょう!

 

 

 

 

〇ルーキーBB5
・名前の通りバスケットを始める
 最初の一足としてオススメ!

・足首周りのホールドで
 しっかり怪我から守ってくれる!

・クッション性にも力を入れ、
 衝撃をしっかり吸収!

〇スピードチェイサーSL
・ソールが柔らかく、
 一歩目が楽に踏み出せる一足

・足首周りやかかとのホールドが
 しっかりしているので怪我がしにくい!
 

ナイキ

NBA選手の多くが着用し、
シグネチャーモデル(選手が開発に携わったもの)もたくさん!

 

 

デザインもさることながら、機能性もしっかりしている
外国のブランドということもあり、足幅の狭いものが多い

 

マイケルジョーダンのブランドであるエアジョーダンも有名ですね

 

高いグリップ力やナイキが発明した
「エア」というクッションは足を衝撃から吸収してくれます!

 

 

問題点を挙げるならば、
ソールが固いものが多く
足に馴染んでくるまでに時間がかかる

大人が着用する分にはいいのですが、
子供が着用するとなると最初は怪我がしやすく注意が必要

 

 

 

〇ナイキ チーム ハッスル D 9
・柔らかい中敷きを使用しているため
 クッション性がいい!

耐久性もありながら通気性も兼ね備えた一足

〇カイリー フライトラップ 4
・「エア」を使用し、
 クッション性は間違いない!

・NBA選手のシグネチャーモデルで、
 激しい動きやスピードにも対応できる

 

 

 

 

 

アディダス

アディダスが開発した「adiPRENE」により
クッション性がしっかりしている

こちらも外国のブランドということで足幅は狭め

 

 

軽量で通気性もよく機能面で間違いない

 

また、軽さやクッション性などの
どれか一つの特徴に秀でたバッシュがあるのが、
アディダスの強みである

 

 

 

〇D.O.N. ISSUE #2
・ぴったりとしたフィット感と軽量化を実現

屈曲性もあるので
 子供でもしっかり履きこなせる!

〇デイム7
・何より非常に軽い!

・ローカットなので怪我のリスクが、、

・デザインめちゃくちゃかわいい!

 

 

 

●まとめ

どのブランドもメリットがたくさん!

 

 

ですが、
怪我のリスク

着用する本人の身体に見合った機能を持っているのか

クッション性ソールの硬さ

またハイカットがいいのか

など確認すべきポイントが多々ありましたが、

 

 

個人的なオススメはやはりアシックス!!

怪我のしにくさ (捻挫から守る)
フィット感 (能力発揮の効率UP)
クッション性 (膝や腰への負担軽減)

どれもトップクラスです!!

 

 

大事なのはお子様が安心してバスケットができることです!

ベストなバッシュ選びのご参考になれれば幸いです!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事