【バスケット界の期待の新星】河村勇輝に迫る!高校生からBリーグに?!ライバル富樫との対決も!!目指せ日本代表選手!

 

 

バスケット界に期待の新星が現れたのをご存じだろうか?

「河村勇輝」

特別指定枠という制度で高校3年生にしてBリーグのコートに立った選手である。出場するだけでもすごいことだが、彼はそこで1試合平均12.6得点の活躍を見せた。特別指定枠で選ばれた大学生と比べても1位の成績である。

楽天とマネジメント契約を結んだことからも彼への期待度がうかがえる

 

今後必ず日本のバスケット界の要となるであろう「河村勇輝」を徹底解剖していく!

 

河村勇輝のプロフィール

河村勇輝(かわむらゆうき)
生年月日 : 2001年5月2日
身長 : 172cm
ポジション : ポイントガード
足のサイズ : 26cm
将来の夢 : 日本代表選手

 

小学生時代

父親がバスケットが好きでNBAをよく見ていたという環境で育つ。バスケットを始めたのは6歳から。地元のミニバスケットボールクラブに小学2年生で加入。4年生からスタートメンバーとして出場する。6年生の時に全国ミニバスケットボール大会で優勝

 

中学時代

中学も地元の中学に進学する。3年生には全国大会に出場し、ベスト16の成績を収めた。

 

高校時代

名門の福岡第一高等学校に入学。全国大会で4つのタイトルを獲得ウィンターカップに関しては2連覇を達成し、自身もベスト5に選ばれた。天皇杯ではBリーグのスター選手である富樫勇樹選手と対戦している。実際の試合がこちら

 

3年生のウィンターカップが終わり、三遠ネオフェニックスに特別指定選手として加入。当時のリーグ史上最年少出場、得点を記録した。他のチームの特別指定選手(大学生)と比較しても、出場時間、平均得点ともに1位の数字を残し、新人賞ベスト5に選手された。オフェンスに関してはスピードを生かし、十分通用する力を持っていたが、ディフェンスに関してはフィジカル面で相手に負けてしまい、スペースを作られてシュートを打たれる場面が多かった。

 

現在

大学はバスケットの強豪である東海大学に進学。大学No.1の呼び声の高い大倉颯太やNBA選手の八村塁の弟である八村阿蓮など、レベルの高い選手が揃う中で、1年生から出場する。走る戦術が多かった高校時代や三遠ネオフェニックスとは違い、東海大学ではハーフコートで試合運びをする展開が多い。これについて河村自身は

「東海大はハーフコートに重きを置いたスタイルで今までとは違うし、点を取る選手がたくさんいるので、自分がバックアップでどれだけ貢献できるか、流れを変えられるかということを重要視しています。高校、プロ、大学とプレースタイルが変わることはわかっていたので、それぞれに対応できていると思います。」

と語っている。

実際にハーフコートの試合運びでも、外で待ち構えてスリーポイントを狙うシーンなどが見られる。

 

2020-2021シーズンには横浜ビー・コルセアーズに特別指定選手として加入。持ち前のスピードを生かしたドライブや中に切れ込んでからの合わせのパスなど得意なプレーではBリーグの選手でも止めるのが困難なレベルである。だが、そのため相手チームも河村対策を打ってきたため、スタッツに関しては、昨シーズンの方がよいものとなっている。課題のディフェンスは1年間の筋力トレーニングの効果もあり、飛ばされる回数も少なくなった。

 

 

ライバルとのマッチアップ

VS 富樫勇樹

現在Bリーグのスター選手である富樫との対決。天皇杯でも対戦があったが、プロの舞台での戦いも面白い。両者とも身長は低い方だが、スピードを武器としている選手。一瞬のスキをついてドライブを仕掛けるのが見どころである。

VS 齋藤拓実

日本人トップのアシスト数を誇る斎藤。1対1の技術も高いが抜いた後のパスセンスで自身のチームメイトを生かす。この動画の対決では齋藤に軍配が上がっている。

 

スタメンのポイントガードは各チーム強者揃い。現在西地区1位の琉球の並里成はBリーグで1番のファンタジスタと呼ばれるほどのドリブルテクニックを持っている。東地区1位の宇都宮にはNBAでもプレーした田臥やアメリカの大学でプレーしたテーブス海もいる。並み居るポイントガードたちを倒し、河村の目標である日本代表のガードへと成長できるか、今後の活躍に期待がかかる。

 

Bリーグを見るなら?

見るなら断然DAZNがオススメ!

 

月額1,925円でBリーグが見放題!!

なんといまなら最初の1か月は無料! 

解約金もかからない!

 

 

 

DAZN

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事